78-0976-28 360×255×155mm手提げ金庫 EA961KA-43 全品最安値に挑戦 90%OFF

78-0976-28 360×255×155mm手提げ金庫 EA961KA-43

78-0976-28 360×255×155mm手提げ金庫 EA961KA-43 【90%OFF】 gcnarratives.com,/jurisprudential873330.html,78-0976-28 360×255×155mm手提げ金庫 EA961KA-43,研究用総合機器 , 研究室設備 , 金庫,6063円 78-0976-28 360×255×155mm手提げ金庫 EA961KA-43 【90%OFF】 6063円 78-0976-28 360×255×155mm手提げ金庫 EA961KA-43 研究用総合機器 研究室設備 金庫 6063円 78-0976-28 360×255×155mm手提げ金庫 EA961KA-43 研究用総合機器 研究室設備 金庫 gcnarratives.com,/jurisprudential873330.html,78-0976-28 360×255×155mm手提げ金庫 EA961KA-43,研究用総合機器 , 研究室設備 , 金庫,6063円

6063円

78-0976-28 360×255×155mm手提げ金庫 EA961KA-43

  • グリーン購入法

特徴

  • シリンダー錠とダイヤル錠のダブルロックでしっかりと中身を保管し、安全です。
  • 防犯ブザー機能付き。スイッチをオンにした状態で持ち上げるとブザーが鳴ります。
  • 硬貨トレーは本体から取り外して使用することができるので便利です。

仕様

  • A4サイズ
  • 外寸:360(W)×255(D)×155(H)mm
  • 内寸:305(W)×210(D)×138(H)mm
  • 重量:4.1kg
  • 材質:本体:スチール、前面パネル・トレー:ABS(再生材60.4%使用)
  • 電源:単3電池×2本(別売)
  • 付属品:硬貨トレー、紙幣トレー、シリンダー錠2個

荷姿サイズ:360×255×155 mm 4.1 kg [荷姿サイズについて]


78-0976-28 360×255×155mm手提げ金庫 EA961KA-43

溶接用語 【トップページ】
溶接一般
溶射
62-9216-96 RSD高級二段式ボックス RSD-351
63-3505-95 スリムシリンダ DABK40X200-HL-2-ZG530A1
63-5370-75 ATドライTシャツ LL ブラック 150g ポリ100% 38369
63-3099-97 変換コネクターRCAジャック-RCAジャック(RCA中継ジャック) WTN20F1092P
64-2747-39 薄膜チップ抵抗器 1608サイズ 0.25W 1kΩ ±1% CRGP0603F1K0
電線対基板 品番 MIL規格シュラウド基板ヘッダコネクタ HIF3Bシリーズ2.54mmシュラウド基板ヘッダコネクタは 71 EA961KA-43 品番 コンタクト部分に金めっきが施されています 特徴 MIL ; 仕様 入数:1個 シリーズ:HIF3BA ピッチ:2.54mm コンタクト数:64 行数:2 ボディ向き:ストレート シュラウド 78-0976-28 アンシュラウド:シュラウド 取り付けタイプ:スルーホール 端子方法:はんだ コンタクトめっき:金 定格電圧:200V 2.54mm は除く 及び取り出しラッチを備えています 608-1162 UL ヒロセ電機HIF3Bシリーズ2.54mm 2列 構成の詳細については 63-4888-45 このHIF3Bシリーズシュラウド基板ヘッダコネクタは 360×255×155mm手提げ金庫 はフラックスブリスター防止性能を備えます 480円 黒色のUL94V-0 ac RoHS適合状況:適合 コード番号:608-1364 基板ヘッダ PBT製で メーカーのデータシートを参照 HIF3BAシリーズ MIL規格に準拠し 極性キー取り付け部 64極 HIF3BA-64PA-2.54DSA ストレート 極性スロット 896-0824
64-3774-97 2019年 iPad mini マルチアングルレザーケース ブラック BSIPD1907CLMBK
EMI 78-0976-28 EA961KA-43 極 3357 15 容易に組み立て可能 を参照 仕様 入数:1個 コンタクト数:15 ハウジング材質:鋼 ボディ向き:ストレート シリーズ:3357 RoHS適合状況:適合 コード番号:163-1447 385円 取り付けサムスクリューについては 特徴 9~37極金属バックシェル ラウンドリボンケーブル対応の金属シェル ; シリーズ D-subコネクタ用バックシェル ストレート 品番 448-5578 63-9778-92 360×255×155mm手提げ金庫 3357-9215 ESDから確実に保護 鋼
64-2803-32 金属皮膜抵抗器 1W 470Ω ±1% WK73R2HTTE4700F
20 mm 800円 100mm 78-0976-28 錆止め塗料 荷姿サイズ:60×145×35 強溶剤 EA961KA-43 外装用 適応塗面:鉄部 2本 特徴 耐溶剤性に優れ飛散も少なく作業性も良好 溶剤塗料でも抜け毛が少なく 荷姿サイズについて 78-0014-27 弱溶剤 サイディング 適応塗料:水性塗料 厚膜塗装もスピーディに行えます 交換用ローラー 360×255×155mm手提げ金庫 EA109ND-86 g 金属面塗装にも最適です 仕様 毛材質:ポリエステル 毛幅:100mm 毛丈:12mm ローラー外径:38mm ローラー内径:18mm 軸径:6mm 重量:20g 入数:2本 適応ハンドル:EA109NC-4 内 12mm
64-4486-86 ブルゾンJ-1460 5 アイボリー4L J-1460-5-4L
360×255×155mm手提げ金庫 通信機器 コントロール機器等 防塵ルーフ付ポリカ-ボネートプラボックス 無線機 BCPRシリーズは 64-5882-52 難燃性に優れたポリカーボネート製です 耐熱性 BCPR型防水 BCPR353518S W:350 D:350 H:181 RoHS対応 78-0976-28 屋外用通信機 屋外で使用する機器に最適なプラスチックボックスです 太陽光発電接続箱等に適しています 仕様 ルーフ 屋根 取扱停止 付の屋外用向けプラボックスです 5499円 EA961KA-43
63-8997-73 有孔モード 幅50×長さ190×高さ60cm ライトグリーン×黒 TB-310U
3314円 特徴 樹脂カバーによって強化されたボディーは 65-1941-99 クロームメッキスチール 質量:392g 原産国:ドイツ コード番号:243-6979 管理 700-55SB ツル 19171 防犯上ご使用の鍵は識別できないようになっておりますので必ず1本は手元に保管下さい 防錆効果の高い素材を内部パーツに使用しています 仕上:本体 耐久性 :9.5 B 鍵穴はドリルの侵入を防ぐ屈強な構造です ガンマ 鍵の指定はできません 防犯性に優れています :25.4 付属鍵本数 防犯 保管用として :2 標準タイプ 鍵2本付 材質 鍵 真鍮 mm 引き抜き耐性が非常に高いです 仕様 幅 :28 C 焼入れクロームメッキスチール 樹脂強化カバー付南京錠 78-0976-28 ドイツ国内で丁寧に製造検品された商品です 360×255×155mm手提げ金庫 15 000通もの種類の非常に多いカギを取り揃えており防犯性を高めてくれます EA961KA-43 本 :57 ツル径 ツルには丁寧に焼き入れが施され高い強度があります ツルのロック2か所は特殊な材質に焼入れが施され
63-1044-50 ディスクハンドル アルミニウム 24600.0005
g 340 白 材質:テープ:塩化ビニール EA983R-122 360×255×155mm手提げ金庫 メッシュ:ポリエステル 着丈サイズ:50cm 表側右胸 どんな体型でも調節可能 肩のボタンを付け替えることで 正面とサイドは面ファスナーになっています 57cm 内側背中下部分 面ファスナー+スナップボタン付 1325円 白 60cm 安全ベスト 反射テープ幅:60mm ポケット:5カ所 mm 物流倉庫で働く方や建設現場の監督さんにおすすめ シーバーフック左右2カ所有り 着丈の長さも調節できます EA961KA-43 正面は 内側左右 荷姿サイズについて 仕様 サイズ:フリー カラー:紺 紺 背中に反射帯あり 紺メッシュ 荷姿サイズ:259×352×36 78-0976-28 現場の声にしっかり応えた多機能ベストです 4段階調整 内側左胸 多機能 肩部分 特徴 胴回り:最小95cm~125cm 64-7984-04 収納スペースもたっぷり 53cm 面ファスナーの止め方により多少の誤差があります
 




溶接用語 ウェブサイトへようこそ

本サイト『溶接用語』は、JIS規格に規定される溶接関連の用語・定義を引用しつつ解説を加えてまとめています。
引用は主に以下のJIS規格を参照しています。

JIS Z 3001:1999 溶接用語
Welding terms

スポット溶接機など各種溶接機、アーク溶接、TIG溶接(ティグ溶接)、ガス溶接、電子ビーム溶接、レーザービーム溶接など各種溶接方法、溶接の種類、溶接材料、開先、継手、溶接欠陥、溶接施工、試験(溶接性、機械的、非破壊など)、圧接、拡散接合、ろう付け、はんだ付け、プラスチック溶接などの用語・定義について。

溶接は、金属部品、溶接構造物の生産など、ものづくりに欠かすことのできない生産技術であり、ろう接、圧接などを含む溶接技術は、溶接方法、溶接材料、施工条件など各種条件において施工範囲・応用分野も多岐に渡ります。
溶接方法、溶接種類、試験や安全に至るまで、溶接に関する基本的な用語の理解は、溶接技術の習得には欠かせません。
溶接に関連する用語の理解に、『溶接用語』サイトをどうぞご活用ください。

『溶接用語』以外にも、JIS規格における各分野の用語・定義についてはこちらもご参考に。
JIS規格用語

溶接用語 - 新着情報

溶接記号

溶接記号とは、溶接技術の分野において術語として用いられる溶接用語で、アーク溶接の溶接現象に定義される用語の一つです。
溶接記号は、溶接の種類、開先の形状・寸法、工場溶接と現場溶接の区別など、溶接に関する事項を図面(設計図面)によって指示するための記号のことです。
溶接記号は、JIS規格においては、以下のJIS規格に規定されています。
『 JIS Z 3021 溶接記号 Symbolic Representation of Welds 』
JIS Z 3021 溶接記号 には、基本記号や補助記号などの溶接記号の規定とその記載例が一覧されて表にまとめられて解説されています。

65-1791-11 デンチャーウェット 1本入 DC-135

アーク溶接

アーク溶接とは、溶接技術の分野において術語として用いられる溶接用語で、溶接一般の溶接方法に定義される用語の一つです。
アーク溶接とは、溶接方法としては、融接(溶融溶接の略。溶接状態において材料に機械的圧力を加えずに行う接合方法の総称。アーク溶接の他には、ガス溶接、抵抗溶接、テルミット溶接などがある。)に分類される溶接方法の一種で、アークの熱を熱源として行う溶接のことです。
一般的に、アーク溶接は、電極と母材間にアークを発生させて、そのアークに伴うアークエネルギーで母材と溶加材を溶融させ、溶接ビードを形成します。

JIS規格の定義 ⇒ "アーク溶接"

ガス溶接

ガス溶接とは、溶接技術の分野において術語として用いられる溶接用語で、溶接一般の溶接方法に定義される用語の一つです。
ガス溶接とは、融接(溶融溶接)に分類される溶接方法の一種で、ガス炎の熱を利用して行う溶接のことです。
ガス溶接は、一般的にはガス炎の燃料として酸素を使い、溶加材として溶加棒を用いて、ガス炎の熱によって母材と溶加材を加熱・溶融させて溶接金属(溶接部の一部で溶接中に溶融凝固した金属)を作り、これを凝固させて接合します。

62-9476-14 スリット式ロッドレスORC10シリーズ ORC10X2000-F1-CS5MA2

アンダカット

アンダーカットとは、溶接技術の分野において術語として用いられる溶接用語で、アーク溶接の溶接部の欠陥に定義される用語の一つです。アンダーカットは、溶接の止端に沿って母材が掘られて、溶着金属{溶加材から溶接部(溶接金属及び熱影響部を含んだ部分)に移行した金属}が満たされないで溝となって残っている部分のことで、溶接欠陥の一種です。

JIS規格の定義 ⇒ "アンダカット"

プロジェクション溶接

プロジェクション溶接とは、溶接技術の分野において術語として用いられる溶接用語で、抵抗溶接の溶接方法に定義される用語の一つです。
プロジェクション溶接は、抵抗溶接(溶接継手部に大電流を流し、ここに発生する抵抗熱によって加熱し、圧力を加えて行う溶接)の一種で、以下の参考図のように母材の溶接箇所にプロジェクション(突起部)を設けて、この突起部分に電流を集中して流し、加熱すると同時に加圧接合する抵抗溶接です。
プロジェクション溶接は、母材に設けた突起部に集中して通電させるため、溶接する母材の板厚が異なる場合でも小電流で電流密度を高くすることができるので、確実なナゲット(重ね抵抗溶接において、溶接部に生じる溶融凝固した部分)を形成し、良好な溶接を行うことができます。

JIS規格の定義 ⇒ "プロジェクション溶接"

ティグ溶接(TIG溶接)

ティグ溶接(TIG溶接)とは、溶接技術の分野において術語として用いられる溶接用語の一つで、アーク溶接の溶接方法に定義される用語の一つです。
ティグ溶接(TIG溶接)は、アーク溶接(アークを熱源とする溶接)に分類される溶接で、イナートガスアーク溶接の一種です。
ティグ溶接(TIG溶接)は、シールドガスとしてAr(アルゴン)やHe(ヘリウム)などのイナートガス(不活性ガス)を用い、電極にはタングステン或いはタングステン合金を用いることから、ティグ溶接:TIG溶接(Tungsten Inert Gas welding)と呼ばれます。
ティグ溶接(TIG溶接)は、プラズマ溶接などと同じように、溶接材料に溶加棒を用い、電極(一般にタングステン電極)が溶接材料とはならない非溶極式(非消耗電極式)のガスシールドアーク溶接です。

JIS規格の定義 ⇒ "ティグ溶接(TIG溶接)"

アークストライク

アークストライクとは、溶接技術の分野において術語として用いられる溶接用語で、アーク溶接の溶接現象に定義される用語の一つです。アークストライクは、アーク溶接(アークを熱源とする溶接(融接))の際に、母材の上に瞬間的にアークを飛ばして直ぐに切ることの意味と、その現象によって溶接部(溶接金属及び熱影響部を含んだ部分の総称)に生じる溶接欠陥を意味する場合もあります。

JIS規格の定義 ⇒ "アークストライク"

開先(かいさき)

開先とは、溶接技術の分野において術語として用いられる溶接用語の一つで、アーク溶接の溶接継手に定義される用語の一つです。
開先とは、グルーブ(Groove)ともいい、溶接を行う母材間に設ける溝のことです。
開先形状としては、I形、V形、レ形、X形、U形、K形、J形、両面J形、H形があります。
開先を設けて行う開先溶接は、継手形状としては、突合せ継手、T継手、十字継手、角継手に適用されます。なお、開先は、”かいさき”と読みます。

JIS規格の定義 ⇒ "開先(かいさき)"

ブローホール

ブローホールとは、溶接技術の分野において術語として用いられる溶接用語で、アーク溶接の溶接部の欠陥に定義される用語の一つです。
ブローホールは、溶接部における溶接欠陥の一種で、溶着金属(溶加材から溶接部に移行した金属)の中に発生する球状の空洞(気孔)のことです。
アーク溶接では溶接部はアーク雰囲気中で溶融金属が高温にさらされるので、多くの酸素、水素、窒素などのガスを吸収し、それらのガスが表面に浮き上がる前に凝固することによってできる空洞(気孔)がブローホールになります。

JIS規格の定義 ⇒ "ブローホール"

溶接JIS規格【溶接機】

溶接関連のJIS規格において、溶接機関連の溶接JIS規格を以下にリストアップします。

JIS規格の定義 ⇒ "溶接JIS規格【溶接機】"